about

  • mino四季
  • mino四季
  • mino四季


雪国の「蓑」から生まれたニットポンチョ「mino」

「mino」は雪国の冬に使われてきた「蓑」から着想し、
新潟でうまれたポンチョブランドです。

新潟は、日本の中でも四季のはっきりした地域です。
野山や花々は雪どけとともにいっせいに春を迎え、
夏には青々とした田園風景が越後平野に広がります。
紅葉や収穫を楽しむ秋がすぎると、雪がしんしんと降り積もる冬。
新潟に人々はあたたかい春を待ちわびながら、寒い冬を乗り越えます。

そんな新潟の四季を。「mino」の春・夏・秋・冬のものづくりに生かし、
シンプルで楽しいアイテムをお届けします。



● 運営

有限会社サイフク

● オープニングプロデュース

中川淳  (シンケン/株式会社中川政七商店)
山田遊  (シンケン/株式会社method)
丸若裕俊(シンケン/株式会社丸若屋)
髙橋俊宏(シンケン/株式会社枻出版社 Discover Japan)

日本一のニット産地 新潟五泉市で

新潟県五泉氏は日本一のニット産地です。
アパレルメーカーのご要望に応え、品質の良い「made in Japan」のニットを生産しています。
「mino」を企画・生産している有限会社サイフクは1963年より50年以上に渡りニット専業メーカーとして、その五泉市で物作りを続けています。ニット生産の全てに目が届くよう、社内での生産比率を90%以上まで高めた一貫体制でクオリティの高い生産を可能にしています。

アフターケアについて

niigata

ファクトリーブランドの「mino」だからこそ、自社工場での可能な限りのアフターケアを承ります。
ひっかけによるひきつれや、虫くい穴など、製品のトラブルの折にご相談ください。
送料をご負担いただき工場にお送り頂いた後に補修費についてご連絡いたします。